病院には欠かせないアイテム|電子カルテが全てを管理する

  1. ホーム
  2. 端末を使用した会計の設備

端末を使用した会計の設備

スマホとタブレット

持ち運びが可能

商品やサービスの会計のときに使用するレジには、いつくつかの種類がありますが、注目を集めているのがタブレットのレジです。タブレットのレジを導入するメリットとしては、サイズがコンパクトなので、会計する場所のスペースが狭くても導入できることです。お洒落な店舗では会計スペースのデザインにも気を使う必要がありますが、タブレットのレジを導入することで店舗の雰囲気を崩しません。そのためスタイリッシュな雰囲気が求められる店舗には、タブレットを利用した会計が適しています。従来から使用されているレジは、導入するときに数十万円の初期費用が必要になりますが、タブレットは市販の端末を使用するため、初期費用を抑えられます。端末が故障した場合でも、市販されている端末を購入し直すことで対応できるため、維持費も安く済みます。したがって初期費用が高額になるため、POSレジを導入できなかった店舗でも、タブレットであれば導入することが可能です。タブレットは誰でも直感的に使えるデザインになっているため、従業員の年齢層に関係なく誰でも簡単に操作を覚えられます。一般的なPOSレジの操作を覚えるには時間がかかり、従業員の教育を行う必要がありますが、タブレットを利用することで従業員を教育する手間がかかりません。またタブレットを利用することで、店舗内だけでなく外にも持ち運ぶ事ができるため、レジを使うときの幅が広がります。タブレットのレジはアプリを入れて使うため、常に最新のシステムで運用する事ができます。